保育のスペシャリストをめざして

トップページ > 大学案内 > 建学の精神及び教育理念

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 地域の方へ
  • 採用担当の方へ

大学案内

建学の精神及び教育理念

建学の精神

   本学の建学の精神の基本は、「楽学」 である。これは論語の第一章 「学びて時に之を習う、亦説ばしからずや。朋有り遠方より来る、亦楽しからずや。」 からの引用である。その謂れは、「学んだことを常に繰り返してゆくと、やがて自分のものとなり、自由に働きを表すようになる。」 である。 絶えざる人格の練成と教育の実践を重視している。

教育理念

   建学の精神 「楽学」 をもととして、次のことを教育理念として教育を行う。
   〇  徳性の陶冶を重んじ、人間性を練り鍛える、豊かな人間形成を図る。
   〇  地域に生きて働く人材の養成。

教育目標

   健康、人間関係、環境、言葉、表現の領域において、学生自身が、それぞれ正しい基礎能力を養うとともに、 現代の幼児教育理論の成果を踏まえた専門的技術を身につける。併せて、広い教養教育を通じ、正しい人生観、 広い社会性を持ち、幼児教育に携わることに誇りを持った人物を養成する。