学科紹介

トップページ > 学科紹介 > 授業紹介

授業紹介

資格だけでなく自覚を、
知識と技術だけでなく意識を、
保育者になるという強い自覚と明確な意識があなたを育てます。

資格を取得するための教育課程

資格を取得するために多くの大切な講義を受けることができます。確かな保育観・幼児観に基づく保育のできる保育者を目指します。

教育・保育の心理学荒谷 容子 教授

保育実践の基礎は私がしっかりレクチャー

学びの主体である子どもの発達理解や、発達支援に関わる心理学の知識や技術を学習します。保育実践の基礎のとなる科目の一つです。

教育・保育の心理学 荒谷 容子 教授

社会福祉/相談援助正長 清志 教授

体験しながら学ぶからこそ現場での力になる

福祉サービスを必要とする方々やその家族・子どもに向き合い、援助活動を行っていくことの大切さを学んでいきます。

社会福祉/相談援助 正長 清志 教授

保育内容総論/保育原理山縣 明人 教授

心を育てる魔法とは何でしょう

幼児の心を育てるための秘訣を伝えます。夢に生きる幼児の心をつかみ、人の心を育てる保育の魔法を実感してもらいたいと思います。

保育内容総論/保育原理 山縣 明人 教授

教職・保育者論/乳児保育富田 雅子 准教授

子どもの一瞬に共感する保育者

保育者になるってどういうことなのでしょう。まなざし・子ども理解・保護者理解など保育者の専門性について共に学び合います。

教職・保育者論/乳児保育 富田 雅子 准教授

環境水鶏口 陽一 講師

幼児の好奇心や探究心を引き出そう!

幼児の生きる力の基礎を培うために、どのような環境を設定し、援助すればよいのか。SDGs時代の環境教育を含め講義や作業、製作等を通して学んでいきます。

環境 水鶏口 陽一 講師

言葉/文章表現法宮下 小百合 講師

子どもたちの言葉の育ちを学ぼう

子どもたちの言葉の発達について学び、実習での言葉集めや絵本の読み聞かせなどを行います。また、言葉遊びの模擬授業を通して実践力を身につけましょう。

言葉/文章表現法 宮下 小百合 講師

現場で役立つ実技指導

幼児の園生活には、音楽・図工・体育の領域が直接関わってきます。
幼児は、日々の生活で歌ったり、描いたり・作ったり・体を動かしたりを活動の主とします。本学では、保育現場で役立つ知識や技能、指導法を具体的に学びます。

音楽/表現A
ピアノ初心写でも安心
音やリズムを身体で感じ、楽しみながら習得します。井上 美佳 講師

音楽
みんなで学び、個別に練習できる!

「音楽ⅠⅣ」は、音楽の基礎知識や合奏をみんなで学び、個々のピアノの実力に合わせたクラスに分かれ、弾き歌いができるように取り組みます。

表現A(音楽)
リトミックって?保育現場で何をするの?

保育者は弾き歌いだけではなく、音を使った様々な活動を行います。リトミックもその一つ。体をつかって音を体験し友達と楽しめる時間で、子どもたちは心を豊かにしていきます。

音楽 井上 美佳 講師 音楽 井上 美佳 講師

図画工作/表現B半 直哉 教授

図画工作
知識と技能を学んで、感性を磨こう!

この授業の主なねらいは、「つくる」「かく」ことを中心とした造形活動の魅力の再発見です。「図画工作はたのしい。おもしろい。」と感じながら、保育者としての基礎的な知識や技能を身につけます。保育現場で必ず役立つ実践的な内容です。

保育内容(表現B)
共同製作でさらに深まる学びと意欲!

フィンガー・ペインティングやフロッタージュといった技法遊びを学び、共同で壁面装飾を製作します。授業の内容を記録したスケッチブックは、就職しても活用でき大変役立つと、多くの卒業生が言います。

図画工作/表現B 半 直哉 教授 図画工作/表現B半 直哉 教授

クリエイティブ・ムーブメント/児童文化朝倉 なぎさ 教授

クリエイティブ・ムーブメント
はじめての楽しみがいっぱい!

子どもたちとかかかわるうえで重要なのは「①集中、②感覚、③想像、④身体、⑤スピーチ、⑥感情、⑦知性」の7つをバランスよく磨くことです。演劇的な手法を用いたこの授業では、保育者に必要な力を体験的に身につけることができます。

児童文化
子どもたちを楽しませる多くのひみつ!

園児への遊びを通した総合的指導に欠かせないのが、絵本、ペープサート、パネルシアターなどの児童文化財です。文化財について深く学び、製作や実演の指導技術を高めます。

クリエイティブ・ムーブメント/児童文化 朝倉 なぎさ 教授 クリエイティブ・ムーブメント/児童文化 朝倉 なぎさ 教授

幼児体育西本 裕子 准教授

幼児体育体育
実践的な授業が指導力を身につける!

楽しい運動遊びを行うには何に気をつけなければならないか、どんな言葉掛けをするかなど模擬授業を通して指導力を身につけます。多くの遊びを体験しながら学んでいきます。

体育実技
体を動かすことの楽しさを実感!

「あら不思議、体育は苦手だったのに、身体を動かすことはこんなに楽しいんだ。」実感してください。保育者は、元気で運動も大好きでいて欲しいからこそ、その基盤をつくります。

幼児体育 西本 裕子 准教授 幼児体育 西本 裕子 准教授

情報処理演習竹野 博信 准教授

パソコンを使った文書作成など現場で役立つ授業

クラスだよりや発表会プログラムなどの文書や、園児・保護者名簿、カレンダーなどコンピュータを使って作成しながら、保育現場で役立つ技能を身につけていきます。

情報処理演習 竹野 博信 准教授 情報処理演習 竹野 博信 准教授

充実した実習指導と実習

実習前には、必ず実習指導を受け、実習日誌の書き方・指導案の準備・模擬保育の経験をして実習に備えます。
実習は、学校で学んだ知識・技能・保育方法を実践する場です。見学・観察実習から総合実習と経験を積み重ね、理解をより深めていきます。

実習事前事後指導佐々木 和美 准教授

「保育士資格」取得のための施設実習・保育実習、「幼稚園二種免許状」取得のための教育実習(幼稚園実習)に向けて実習の心構え、実習日誌の書き方、指導案作成、模擬保育などを学び、より充実した実習となります

実習個別指導

実習指導室では、実習に向けて丁寧に「個別指導」を行い、自分の弱点を克服し、自信をもって実習に臨めるように準備します。

実習事前事後指導 佐々木 和美 准教授 実習事前事後指導 佐々木 和美 准教授

実習教育実習・保育実習・施設実習

実際の保育現場での体験を通して総合的に学びます

教育実習では、手遊びや絵本・紙芝居、ごっこあそびや戸外あそびなど、子ども達と一緒に遊んだり、 生活や活動の中で適切な援助を行ったりすることで、幼稚園教諭という仕事の責任の重さややりがいを感じ、保育者としての自覚に目覚めていきます。
保育実習では、0歳児から就学前までの子どもたちとかかわり、命の大切さや責任の重さを学びます。 また、子どもたちと遊びや生活を共にして保育士の役割、保育園の機能、家庭と地域の関係についても学びます。