大学案内

トップページ > 大学案内 > 建学の精神及び教育理念

建学の精神及び教育理念

建学の精神

本学の建学の精神は、「楽学」 である。これは論語の第一章学而編 「学びて時に之を習う、亦説ばしからずや。朋有り遠方より来る、亦楽しからずや。」 からの引用である。その謂れは、「学んだことを常に繰り返してゆくと、やがて自分のものとなり、自由に働きを表すようになる。」 である。 絶えざる教育の実践と人格の練成を重視するものである。
「学びて時に之を習う」は、学んだことを復習し熟達することであり、学んだことを実行・実践する「知行合一」の精神でもある。また、「朋有り遠方より来る」の「朋」の意味するところは、師を同じくする者が、お互いに学び深め教え広める「切磋琢磨」の心である。そして、学而編 締めくくりに及んで、「人知らずして心慍らず」と説かれ、学問は立身出世のためのものではなく、自らが学問の「真理探究」の中に身を置くことによって、自他ともに認める人格の陶冶を重んじている。
この建学の精神「楽学」は、「知行合一」「切磋琢磨」「真理探究」をめざす教育実践力と人格の練成の姿を求めているのである。

教育理念

建学の精神 「楽学」 をもととして、次のことを教育理念として教育を行う。

  • 徳性の陶冶を重んじ、人間性を練り鍛える、豊かな人間形成を図る。
  • 地域に生きて働く人材の養成

教育目的

健康、人間関係、環境、言葉、表現の領域において、学生自身が、それぞれ正しい基礎能力を養うとともに、 現代の幼児教育理論の成果を踏まえた専門的技術を身につける。併せて、広い教養教育を通じ、正しい人生観、 広い社会性を持ち、幼児教育に携わることに誇りを持った人物を養成する。