大学案内

トップページ > 大学案内 > 公的研究費の管理・運営体制

公的研究費の管理・運営体制

公的研究費等の不正使用防止に向けた取り組み

岩国短期大学は、建学の精神「楽学」に則って、国家社会の有為な形成者にふさわしい一般教養と、専門的職業に重点を置く高度な知性とを修得させ、国家の福祉と人類文化の創造発展に貢献することのできる心身ともに健全な人物を育成することを目的としている。
 本学の教職員は、この目的を達成するためのあらゆる行動において、社会に対する説明責任を担っていることを自覚し、本学では、公的研究費の管理、使用にあたっては不正防止対策基本方針により不正使用防止に向けた取り組みを行います。

不正防止対策基本方針

行動規範(公的研究費に関する行動規範および誓約書

  • 1. 教職員は、研究の実施及び公的研究費の管理、使用にあたっては、法令、関係規程並びに使用ルールを遵守し、適正に行う。
  • 2. 教職員は、公的研究費が国民の税金などよるものであることに注意を払い、効率的に使用することはもちろんのこと、社会に対する説明責任を果たす役割を担っていることを自覚する。
  • 3. 教職員は、個人の発意で提案し、採択された研究費であっても、機関による管理が必要であることを理解し、行動する。

管理体制

  • ・公的研究費の管理・運営責任者
    • 最高管理責任者:学長
    • 統括管理責任者:事務長
    • コンプライアンス推進責任者:総務課長
  • ・不正使用防止計画推進委員会の設置
  • ・不正使用の通報窓口の設置(通報窓口:総務課)
  • ・不正使用の調査体制の整備

運営体制

  • ・事務処理手続きに関する窓口の設置(事務窓口:総務課)
  • ・研究費の使用に関する相談窓口の設置(通報窓口:総務課)
  • ・不正防止のための体制
    • 物品購入等に係る納品検収の強化
    • 有期契約職員の勤務実績の確認強化
    • 出張事実の確認を強化
  • ・内部監査体制の整備

関係規定