大学案内

トップページ > 大学案内 > 沿革

沿革

岩国短期大学は、山口県の最東部にあり、JR南岩国駅より徒歩7分の便利な場所にあります。
開発の進む夢の丘「愛宕山」の小高い場所に位置し、前方に広がる瀬戸内海の青い海の眺めは、講義に実習にと多忙な学生たちの心を癒してくれます。学舎は錦帯橋を模したアーチ型のユニークなデザインで統一され、木々の緑に白く映えて清々しい気持ちにさせてくれます。
敷地内には、5学舎のほか、図書館やクラブハウス、食堂等充実した施設と恵まれた環境で高い評価を得ています。

岩国短期大学 岩国短期大学 岩国短期大学
明治31年 山口県高水村新町に修業年限2ヶ年の高水村塾を創設。
のち高水中学校と改称。学制改革により高水高等学校となり、現在地に進出。
昭和46年 岩国短期大学設立。
英語科(入学定員50名)・幼児教育科(定員50名)の二科を設置。
昭和48年 幼児教育科入学定員を100名に増員認可。
昭和60年 幼児教育科入学定員を150名に増員認可。
平成12年 ビジネス実務科入学定員50名認可(英語科改組)。
平成18年 キャリアデザイン学科入学定員50名認可(ビジネス実務科から名称変更)。
平成19年 一般財団法人短期大学基準協会による第三者評価において適格認定。
平成21年 幼児教育科入学定員100名、キャリアデザイン学科入学定員30名に変更。
平成25年 キャリアデザイン学科を廃止。
平成26年 幼児教育科入学定員を80名に減員認可。
一般財団法人短期大学基準協会による第三者評価において適格認定。